*
トップページに戻る

ボランティアセンター

*
*
新しい画面で開きます マークのついたリンクをクリックすると、外部ホームページが新しい画面で開きます。

ボランティアの心構え・基礎知識

ボランティア活動をすすめる上で大切にしてほしいポイントを「ボランティア活動の4つの原則」と「ボランティア活動の8つのポイント」としてまとめました。

ボランティア4つの原則

1.自発性

他者から強制されて行うのではなく、自ら進んで活動する。

2.無償性

見返りとして、金品や名誉・地位を求めない。
※交通費などの実費程度であれば"無償"の範囲と考えられるようになりましたがボランティアする側・依頼する側により異なります。

3.先駆性・創造性

地域社会での問題の解決のために、既存の制度やサービスにとらわれない創造的な活動をおこなう。

4.社会性・公益性

住民参加により地域社会をより良くしてこうとする活動。

ボランティア活動のポイント

1.あいさつが基本

気持ちの良いあいさつは人と接するなかで基本中の基本です。気持ちのよいあいさつ・自己紹介は相手に対して好印象をあたえるだけでなく信頼感もアップします。

2.身近なことから

自分たちの身のまわりを見直して、気がついたところから始めましょう。まずはできるところから。

3.相手の気持ちになって

ボランティア活動は、ひとりよがりであったり、押しつけであったりしてはいけません。常に相手の立場に立って活動しましょう。

4.約束や秘密は必ず守る

ボランティアで知りえた相手のプライバシーは守りましょう。ボランティアであっても相手との約束は必ず守りましょう。

5.自分を成長させる

ボランティア自身が持っている知識や技能を社会に役立てるために、研修や学習会に積極的に参加しましょう。自分自身を一層高めるよう努めることも必要です。

6.無理をせず継続を

頑張りすぎて無理をしても長続きしません。自分の生活のリズムを考えて計画を立て、無理な時は、はっきり断ることも必要です。勉強や仕事・家庭を犠牲にしての活動では長続きしません。

7.周囲の理解を得る

ボランティア活動は身近な人の協力を必要とします。家庭、学校、友人などの理解を得られるようにしましょう。

8.安全対策に充分配慮を

万が一の事故等に備えてましょう。自身の事だけではなく、相手のことも考えて。
〒861-1102 熊本県合志市須屋2251-1 合志市保健福祉センター「ふれあい館」内
TEL:096-242-7000  FAX:096-242-6635
このホームページは共同募金の配分金を受け制作しております