*
トップページに戻る

事業内容

*
*
PDFファイルがご覧になれない方は、Adobe Readerを下記から入手してください。

Adobe Readerを入手する

新しい画面で開きます マークのついたリンクをクリックすると、外部ホームページが新しい画面で開きます。

ボランティアの育成事業

合志市社会福祉協議会内にボランティアセンターを設置しており、ボランティアの育成や各種講座の開催を行っています。
お問合せ: ボランティアセンター 電話096−242−7000

住民参加型支え合い事業 安心生活サポート(ぽっかぽかサポート)

住民相互の支え合い活動として、住み慣れた地域で安心して生活できることや、住民同士のつながり作りのきっかけとして、この事業を行います。日常のちょっとしたお手伝いが必要な方(利用会員)とその援助を行うことを希望する方(協力会員)を会員として登録し、会員相互による援助活動を行っています。

お問合せ: 地域福祉課 電話096−242−7000

地域福祉連絡協議会活動

「住みなれた地域で、いつまでも安心して暮らしたい・・・」そんな希望をかなえるための活動です。
安心して暮らせるまちづくりのためには、地域に住んでいる人たちが、お互いに協力し、支えあっていくことが必要です。社協は、支えあいの活動や、その仕組みづくりを応援いたします。現在、合志市内には、5箇所で活動されています。
お問合せ: 地域福祉課 電話096−242−7000

シングルシルバーふれあいのつどい

合志市内在住の概ね75歳以上の一人暮らしの方を対象とした交流会を開催し、同じ境遇にあるひとり暮らし高齢者同士の交流を通じて、なじみの関係をつくり、また自立生活の助長を目的に事業を行っています。
平成20年度より合志市民生委員児童委員協議会を主体に実施されており、側面的な支援を行っております。
お問合せ: 地域福祉課 電話096−242−7000

家族介護者交流事業(介護者リフレッシュ事業)

ご自宅で介護保険の要介護者・障がい手帳をお持ちの方を介護されております方を対象として、介護者皆様への情報提供の場、リフレッシュの場さらにはお互いの悩みを打ち明けあう交流の場として、介護者のみの交流コースとご家族一緒のコースの、年2回開催しています。
お問合せ: 生活支援課 電話096−248−2625

おもちゃ図書館

発達に心配のある子どもさんを対象におもちゃや音楽を通して、子どもや親同士、ボランティア等の交流や情報交換を目的に開催しています。
名称 開館場所 開館日時
音楽クラブ ふれあい館 第3土曜日
午前10時〜12時
※音楽くらぶご希望の方は、事前にご連絡をお願いします。
音楽クラブの様子
音楽クラブの様子
お問合せ: 地域福祉課・こども支援センター 電話096−242−7008

地域福祉権利擁護事業

熊本県社会福祉協議会より一部事務委託を受け、利用者との契約に基づき、認知症や精神障がい等により日常生活を営むのに支障がある方に対し、福祉サービスの利用に関する相談や助言を行い、並びに福祉サービスの提供を受けるために必要な手続き又は福祉サービスの利用に要する費用の支払いに関する便宜を供与すること、その他の福祉サービスの適切な利用のための一連の援助を一体的に行っています。
詳しい内容は、くまもと安心センター新しい画面で開きます をご覧ください。
お問合せ: 生活支援課 電話096−248−2625

福祉用具貸与事業

社会福祉協議会所有の福祉用具を、当該用具を必要とする方や家族に貸与し、当該世帯の福祉向上に寄与することを目的に実施しています。
貸出物品・条件等はこちらをご覧ください。
お問合せ: 福祉支援センター 電話096−242−7105

生活管理指導員派遣事業

市より委託を受け、高齢者ができる限り介護状態に陥ることなく健康で生き生きとした老後生活が送れるよう支援し、また、基本的生活習慣が欠如していたり、対人関係が成立しないなど、いわゆる社会適応が困難な高齢者に対して、訪問し日常生活に対する指導及び支援を行い、要介護状態への進行を予防することを目的に実施しています。
お問合せ: 訪問支援課 電話096−242−7009

家族介護支援事業(家族介護教室)

高齢者等を介護している家族等の様々なニーズに対応し、介護方法や介護者の健康づくり等についての知識・技術を提供することにより、高齢者等を介護している家族の身体的、精神的、経済的負担の軽減を図るとともに、要介護高齢者等の在宅生活の継続、向上を図ることを目的とし、家族介護教室等を年4回程度実施しています。
お問合せ: 生活支援課 電話096−248−2625

認知症高齢者家族やすらぎ支援事業

認知症高齢者を介護する家族への支援の充実を図るため介護者の介護負担軽減のために、高齢者の居宅をやすらぎ支援員が訪問し、見守りや話し相手をいたします。原則として、身体介護は行いませんがトイレ誘導等は必要に応じて行います。
サービス提供日 月曜日から金曜日
提供時間 午前9時から午後5時まで
提供内容 見守り、話し相手等
お問合せ: 訪問支援課 電話096−242−7009

高齢者の生きがいと健康づくり推進事業

高齢者が、豊かな経験と知識・技能を活かし、地域の各団体の参加と協力のもとに、高齢者の生きがいと社会参加を促進するために、家に閉じこもりがちなひとり暮らし高齢者等に対し、様々な施設を活用して社会的孤立感の解消や自立生活の助長を図ることを目的として通所による各種講座を開催しています。
お問合せ: 地域福祉課 電話096−242−7000

地域支援体制整備事業

日常生活上の様々な悩みや相談に応じ、適切な助言・援助を行い、地域住民の福祉の増進を図ることを目的に実施しています。
詳しい内容は、福祉相談 をご覧ください。
お問合せ: 地域福祉課 電話096−242−7000

障害者デイサービス事業(障害福祉サービス)

身体障がい者の自立促進、生活の改善、身体機能の維持向上等を図ることができるよう、通所の方法により創作的活動・機能訓練等の各種のサービスを提供することにより、身体障がい者の自立と社会参加を促進し、もって身体障がい者の福祉の増進を図ることを目的に実施しています。
対象者 合志市内在住の身体障がい者手帳をお持ちの方で、受給者証及び支給決定を受けた方
利用日時 月曜日から土曜日 午前9時50分から午後4時まで
休日 12月29日から1月3日
実施場所 ふれあい館
利用料は、1割の定率負担額となります。また、所得に応じた月額の上限の設定と低所得の方に配慮した軽減措置が講じられています。
(その他、別途食材費がかかります。ただし、食材費についても軽減措置が講じられます。)
お問合せ: 通所介護課 電話096−242−7000

居宅介護事業・重度訪問介護・同行援護(障害福祉サービス)

【サービス内容】
居宅介護 障がい者の方が居宅において日常生活を営むことができるよう、ご自宅等にホームヘルパーを派遣して、食事・身体の介助等のサービスを提供することを目的に実施しています。
重度訪問介護 重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする方に、居宅において、‘浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事、だ験菘に関する相談及び助言、イ修梁召寮験菫竿未砲錣燭覬臀並びに外出時における移動中の介護を総合的に支援致します。
同行援護 視覚障害により移動に著しい困難を有する方について、外出に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護や必要な援助を行います。
【利用時間】
支給決定された時間で当事業所と契約して頂いた時間数。
【利用対象者】
合志市及びその周辺にお住まいの方で、「居宅介護」・「重度訪問介護」・「同行援護」の支給決定を受けられた方。
【利用者負担】
ご利用者又は扶養義務者の負担能力に応じ市町村長が定めた額
【派遣時間】
24時間可能(30分以上30分単位)
お問合せ: 障がい支援課 電話096−242−7009

乳幼児健康支援一時預かり事業(病児・病後児保育)

合志市では、保護者の仕事の都合などで、保育所や家庭における安静な療養が困難にある病気の子どもの預かり保育を行い保護者の子育てと子どもの健やかな成長を支援しています。

お問合せ: こども支援センター 電話096−242−7008

福祉金庫貸付事業

市内に居住する生活困窮世帯等への短期資金貸付制度です。
貸付金額 最高限度額 10万円
利息 なし
必要書類等 印鑑証明、連帯保証人が2名必要です。
お問合せ: 総務課 電話096−242−7000

認知症予防教室(脳いきいき教室)

合志市内在住の概ね65歳以上の高齢者を対象として、閉じこもりや認知症予防を目指すとともに、 学びを通した人と人との交流・生きがいづくりの場を提供し、明るく活力ある地域社会づくりを目的として開催します。 内容としては、簡単な音読・計算などの学習療法・軽体操などを取り入れております。
開催場所
・日時
(通常版)
ふれあい館 交流ホール
毎週水曜日午前10時〜11時30分

(地域版)
須屋市民センター 会議室
第2・4金曜日午前9時30分から11時30分

みどり館 大研修室
第1・3金曜日午前9時30分から11時30分

泉ヶ丘市民センター(H27.5〜)
第2・4木曜日午前9時30分から11時30分

安心生活創造事業申請

この登録申請は、支援を必要とする方々がもれなく地域で安心して生活することができるように、生活支援(見守りや基盤支援)体制の確保と、災害時などの緊急避難や地域福祉の支援活動に利用することを目的とした登録をお願いするものです。
また、申請後は、原則的に安心生活創造事業のモデル地区毎に、合志市が業務を委託しております合志市社会福祉協議会から訪問調査員がお伺いいたします。
(緊急性のある場合は、この限りではありません。)
ご相談先: 合志市社会福祉協議会
ふれあい館 電話096−242−7000
福祉会館(ヴィーブル内) 電話096−248−2625

合志市役所 西合志庁舎 健康福祉部
福祉課 社会福祉班 電話096−242−1149
送付先: 〒861-1102 合志市須屋2251-1
保健福祉センターふれあい館内
合志市社会福祉協議会 地域福祉課

認知症サポーター養成講座

認知症の人と家族への応援者である認知症サポーターを全国で100万人養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指しています。
全国キャラバン・メイト連絡協議会では、都道府県、市区町村など自治体と全国規模の企業・団体等と協催で認知症サポーター養成講座の講師役(キャラバン・メイト)を養成します。養成されたキャラバン・メイト自治体事務局等と協働して「認知症サポーター養成講座」を開催します。
社会福祉協議会においても上記内容にて「認知症サポーター養成講座」を合志市との協働のもと、積極的に実施しております。現在、社協内における講師役(キャラバン・メイト)は13名です。
カリキュラム(PDFファイル72KB)については別紙内容をご確認ください。
※その他、職員による認知症啓発劇(肥後にわか)も取り入れて、視覚的にも分りやすい研修会を実施しております。

認知症ささえ愛隊登録

認知症ささえ愛隊とは・・・認知症サポーター養成講座を受講した方々にご登録していただき、 認知症の方ご本人や家族が、地域で安心して生活できるように見守り、支えていただく方々の名称です。
ぜひ、認知症サポーター養成講座を受けられ、ささえ愛隊へのご登録をお願いいたします。尚、講座の受講につきましては、HP内に掲載しておりますので、ご確認お願いします。
ご登録及び詳しい内容についてはPDF(PDFファイル973KB)を御覧ください。

生活・介護支援サポーター養成事業

市民の主体性に基づき運営される新たな住民参加サービス等の担い手として、生活・介護支援サポーターを養成し、地域で高齢者等の生活を支えるシステムを構築することを目的とします。
市民向けに、養成研修(5講座概ね15時間程度の講義及び実習)を行い、一定の福祉、介護に関する知識や技術を持った、高齢者等への生活・介護支援サービスを行うための担い手を養成します。
生活・介護支援サポーター養成事業計画書(PDFファイル783KB)はこちらをご覧ください。

生活困窮者自立相談支援事業

市より委託を受け、「暮らし」「仕事」「家系」など、さまざまな事情により経済的にお困りの方を対象に相談員が一緒に考え、
解決へのお手伝いをします。就労、心身の問題、将来への不安など抱えている問題を専門の相談員が幅広く伺い、 自立に向けた必要な支援を提供できるように相談支援を実施しています。
(ご家族や地域の方からの相談でも受付します。)
お問合せ: 安心サポート合志 電話096−242−9020
〒861-1102 熊本県合志市須屋2251-1 合志市保健福祉センター「ふれあい館」内
TEL:096-242-7000  FAX:096-242-6635
このホームページは共同募金の配分金を受け制作しております