*
トップページに戻る

共同募金

赤い羽根共同募金とは

共同募金は数ある募金活動の中で唯一、社会福祉法に明記されている募金活動です。厚生労働大臣の告示により毎年10月1日から12月31日の期間中、全国各地で行われています。
赤い羽根共同募金イメージ
皆様から寄せられた募金は、一度熊本県共同募金会に集められ、そこに設置されている配分委員会で配分について審議されます。その後県内の民間によって経営される福祉団体や施設が行う事業に有効に活用される様適切に配分されています。現在、民間福祉団体などに対する財源は、公的資金や補助金ではまかない切れないのが現状です。だれにでも住みよい豊なまちづくりの為の財源として、共同募金は欠かす事の出来ない運動となっています。

シンボルは赤い羽根

募金のシンボルとして赤い羽根を使用しています。日本で羽根を使うようになったのは、昭和23年(1948年)からでアメリカで水鳥の羽根を赤く染めて使用してるのを参考にして日本では鶏の羽根を染めて使っています。

共同募金は歴史のある募金

昭和22年(1947年)より始まった募金活動です。時代に合わせたさまざまな福祉問題解決のために今日まで続いており、平成28年(2016年)で70周年を迎えました。

共同募金は計画募金

共同募金は、募金の目標額を決めて行う計画募金です。事前に地域内の社会福祉施設や社会福祉団体、ボランティア団体等から、活動のための資金ニーズを取りまとめ、使い途の計画を立ててから行います。

都道府県ごとに行われる募金

「共同募金」は、各都道府県別に行われています。
集まった寄付金はその県内で使い途が決められます。つまり、寄付した方々の地域でいきる寄付金です。(災害時などの例外を除く)

法律からみた「共同募金」

昭和26年(1951年)、社会福祉事業法が制定され、共同募金が法制化されました。社会福祉事業法は、平成12年(2000年)に「社会福祉法」に改正され、現在の共同募金は、この「社会福祉法」という法律をよりどころとして進められています。
〒861-1102 熊本県合志市須屋2251-1 合志市保健福祉センター「ふれあい館」内
TEL:096-242-7000  FAX:096-242-6635
このホームページは共同募金の配分金を受け制作しております